バンコクで働く方法は2種類

海外勤務が長い人はご存知の通りですが、バンコクでも同じです。バンコクで働くには地場企業に現地採用をしてもらうか、バンコク進出の日系企業に就職するかのどちらかですね。そしてこの2通りの働き方は給料・生活・仕事内容において大きな違いがあるので間違えないように求人を探す必要があります。

まとめると

  1.バンコク現地企業採用を狙う
  2.バンコク進出の日系企業への転職を狙う(バンコク駐在員)

のどちらかということになります。バンコクに長期滞在したい、永住したい、タイ語を学習したいと考える人は@のほうを選択する方が多いです。2のほうは安全に海外でのスキルアップをしたい、給料もたくさんもらいたい、という方が多いです。なぜなら駐在員と現地採用では給与面、待遇面で大きな差があるからです。

人それぞれの価値観にあわせて求人を探したいですね。当サイトおすすめは2ですね。安全で高級なマンションが与えられるケースも珍しくありません。日本+バンコクでの給料が出て、医療保険も加入、通勤費、場合によっては車の支給、メイドさんも雇えることもあります。勿論それなりのスキルが必要で会社に認められなければなりませんけど、様々な会社がバンコクに進出しているので求人を細かく探していけば可能性はあります。

逆に現地採用の場合は、語学以外の特別なスキルが無くても採用される場合はありますけど、給料は良くて5万バーツ貯金はかろうじてできる程度の生活になってしまいます。気ままにタイで暮らしたい人にはおすすめです。駐在員みたいに数年で帰国になってしまう事もなく、すべて自己責任で行動する必要がありますけどね。

おすすめの求人情報探し

バンコクで働く方法の第一歩はまずは人材紹介会社に登録して求人情報をゲットするところから始まります。バンコク企業も日系企業も人材紹介会社に募集の委託をしているのがほとんどですので、転職者もそこに登録すればすぐ情報を得られるメリットがあります。

まず1の働き方を狙う現地採用コースの求人情報の収集なら、「JAC Recruitment」という人材紹介会社がおすすめです。タイにも支社があり、現地企業の情報や、日系企業の求人も紹介してもらうことができるのです。

2の駐在員を目指す場合は、国内でも実績がもっとも豊富なリクルート社の 「リクルートエージェント」に登録しておくのがおすすめですね。このサービスは海外転職専門のサービスだからです。バンコク進出の日系企業の求人情報を豊富に仕入れる事が可能です。

またエージェントと呼ばれるスタッフが担当してくれて、転職成功までをナビしてくれるのです。1人で就職活動するよりはプロにお任せしながら進めていけて、しかも年収等の条件交渉までしてくれるのが大きなメリットとなるでしょう。

バンコクで働く前に

これは海外で働きたいと考える人全般に言えることですが、その国に行きたいと思う「目的」を明確にすることが大切です。目的もなしにバンコクにいってしまって、現地で転職を繰り返したり、タイのゆったりした雰囲気から抜けられずにぶらぶらしている日本人も多いという事ですので、まずは自身の価値観や望んでいるライフスタイルを明確にしてからにしましょう。